段差をあえて作る「スキップフロア」の一戸建ての長所・短所

“スキップフロアの家はもともと、敷地が極端に狭い、敷地が傾斜地などの特別な地形に、住宅を建てるために考えられた建築の方法なので、コストはある程度高めの家になります。
ですから、広い平坦な敷地があるなら、わざわざスキップフロアの一戸建ての家を建てる必要はなく、バリアフリーの家を建てることを考えた方が良いでしょう。

スキップフロアの家は、バリアフリーの家に比べても建築のためのコストは高く、また開放的な空間を持つが故に光熱費などのランニングコストも、普通の2階建て住宅よりも高くなってしまう可能性があります。
さらに、普通の2階建てよりも開放的なために床面積が広くなったり、おしゃれな階層変化のために3階建てと判断されたりして、税金が高くなることもありますから、税金面での優遇措置を受けられることもある、バリアフリーとは正反対の方向へ進んでいる住宅工法だといえるでしょう。

それでも、敷地の面積や形状によって、スキップフロアを利用するしかない場合は、家の中の空間が広くなって開放的な明るさが得られる、見た目がショップ店舗に似ていてとてもおしゃれ、段差のある壁で仕切られているので収納が多く作れるなど、メリットは多く数えられても決して少ないことはなく、特に主婦の多くが欲しがる収納面での充実度には高いものがあります。

そして、その家に住む人だけではなく、来客などにもおしゃれ感は一目で伝わり、収納の充実からもお部屋全体の片付けが容易になり、その好感度は決して低くないに違いありません。
以上のようなことからスキップフロアのメリットとデメリットをよく考えて、どのような家をマイホームに持つか慎重に検討されると良いでしょう。
ただ、最期にひとつ注意して欲しいことは、せっかくスキップフロアの住宅を建てると決めても、その工法を得意としている業者が現在はまだ少ないのが実状なので、時間を掛けて良い業者を探すことを心掛けてください。”

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>