安いのが魅力の競売物件を買う時の注意事項とは?

マンションや一戸建て住宅を購入する際、中古物件などは比較的安く購入することができ、競売物件はさらに安くなるケースもあるため魅力があると感じる方もいるのではないでしょうか。

競売物件というのは、一体どのような住宅なのでしょうか。債務者が住宅ローンなどの支払いが困難となった場合に、金融機関などが担保としている不動産を差し押さえ、裁判所へ申し立てをすることで、これは債務者と債権者の合意のもとで行われます。その際、入札する前に住宅ローンなどの債務を整理しておき、競売の対象とな不動産を売却することを任意売却と言い、これを行うことで、競売で売却し落札されるよりも有利な条件での任意売却が可能となります。

住宅ローンなどの支払いが遅れだしてから、任意売却手続きを取り競売開始決定が下るまでは、相当な期間を要することが多く、競売開始となっても任意売却が成立しいない場合には交渉が続けられます。
マンションや一戸建て住宅を購入する際、希望する物件が競売物件であった場合には、どのようなことに注意して落札すればよいのでしょうか。

まず競売物件を購入する前には、事前に物件購入の流れを理解しておく必要があります。競売物件は、一般的な物件とは異なり競売物件では迅速な対応が必要となるケースが多く、手続きで遅れを取ってしまうと競売物件の占有などが続いてしまうこともあり、物件の引き渡しに支障が出てくる場合もあります。

競売物件落札までの流れとしては、1.物件の選定・調査、2.入札、3.開札・発表、4.売却許可決定、5.売却許可決定の確定、6.代金納付期限通知、7.代金納付・所有者権威移転登記等の手続き、8.登記識別情報通知書の特別送達という流れになります。
売却許可決定の確定が下りても、その間に執行抗告(異議申し立て)が出れば、地方裁判所もしくは高等裁判所で審議されることとなり、確定は伸びることになりす。

基本的に競売は、任意売却と異なりマンションであっても物件を内覧することができないため、詳細が分からないため情報不足となりがちです。
競売物件を購入する際には、こうしたことを踏まえて検討することが重要です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>