分譲マンション管理組合の活動内容とは?入るのは義務?

“分譲マンションを購入した時によく聞く言葉に「管理組合」と呼ばれるものがあります。この組合は、管理規約に基づいて入居しているマンションの維持・管理を行う団体で、分譲マンションを購入した時点で管理組合の構成員となります。分譲マンションに住んでいる間は管理組合から勝手に脱会することはできず、分譲マンションを売却して所有者が無くなった時にはじめて脱会となります。

管理組合のルールは管理規約によって定められますが、多くの組合は国土交通省が作成した標準管理規約をもとにこれを作成しています。一般的な管理組合では、最高意思決定機関である総会を頂点とし、その下に業務の執行機関にあたる理事会が設けられており、マンションを維持するための業務は理事会が中心となって行われます。理事会のメンバーは総会で組合員の中から選ばれ、理事会を統括する理事長は理事の中から選ばれます。

管理組合の活動内容は、共用部分の保全、清掃や、住人(組合員)が出すゴミの処理、建物全体の防災に関する業務、住人(組合員)の秩序や安全の維持に関する業務などといった基本的なものから、共用部分に関わる損害保険についての業務や、共用部分の修繕計画の作成と実施に関する業務などといった根幹にかかわるものまで多岐にわたっています。また、管理費や修繕積立金の徴収額も管理組合が決定すべき事項の一つとなっており、理事会での検討を経て、総会決議により金額を変更するのが一般的です。

標準的な管理組合では、理事会メンバーの負担が大きなものになってしまうことから、近年は負担軽減を目的として専門委員会を設置する管理組合も多くなっています。例えば、修繕積立金の金額を変更したい場合は、理事会の方で修繕に関する専門委員会をつくります。そして、組合員の中から委員会のメンバーを選び、この者たちに修繕計画の見直しと適正な修繕積立金の金額の検討を行ってもらいます。理事会は理事同士でいちから話し合う必要はなく、委員会の答申をもとに方針を決定すれば良いので、理事の負担が減ることになります。”

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>