マンション購入時に入ることになる保険について教えてください。

住宅ローンを契約する時には団体信用生命保険に加入する必要があります。住宅ローン借主が死亡した時に住宅ローンをかわりに払ってくれる保険です。死亡時の保険金がローンに充当されますから死亡保険で備える遺族の住居費部分の補償を担う事になります。死亡保険の金額から団体信用生命保険から充当される保険金を除く事ができます。

銀行の住宅ローンでは団体信用生命保険の保険料が毎月の返済額に含まれています。団体信用生命保険は金融機関により強制加入のところと任意加入のところがあります。夫婦で半分ずつ住宅ローンを組んでいるときには片方が死亡しても住宅ローン全額の返済にはならないので注意する必要があります。住宅を購入した時には火災保険や地震保険の加入が必要になります。以前は住宅ローンを組んだ時には必須の保険でしたが最近は必須ではない金融機関もあります。損害保険会社により補償内容やサービス、保険料に違いがありますから見積もりを取る必要があります。自分に必要な補償を選び加入すると良いでしょう。

近くに川や海がなく水災の心配がない時には水災不担保にして契約してもよいでしょう。地震保険は火災保険を契約した時に任意で加入できる保険です。地震による火災は火災保険からは補償されません。地震保険の保険料は高額な割に補償範囲が少ない保険です。日本は地震の多い国ですから保険料の支払いができれば加入しておいた方が良い保険です。

一括見積もりなどを利用して適した保険を選ぶ事がおすすめです。家財保険は火災保険に付帯して加入するものです。建物の補償ではなく住まいにある生活用品一式を補償してくれる保険です。家財保険は火災保険と補償の範囲が違うので両方加入する事で万全の補償を得る事ができます。家財保険も損害保険会社によりサービスや補償の範囲が違いますから各社の見積もりをとり比較検討する必要があります。補償額の設定により保険料が違ってきます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>