マンション売却する際の不動産会社選びのコツは?

所有しているマンションを売却したいと思ったら、初めに不動産屋を探さなければなりません。中古のマンションを仲介している不動産屋をいくつか探し出したら、相見積もりを取って一番高く見積もった不動産屋に売却手続きを依頼するといいでしょう。一つの業者だけに見積もりを依頼したのでは、売却価格として提示された金額で納得するしかありません。自分が思っていた価格よりも低かったとしても比較する対象がないため仕方なく売却してしまうということが考えられます。相見積もりを行っていれば損をすることはないでしょう。
相見積もりを依頼する時は、それぞれの不動産屋に対して相見積もりを行っていることをそれとなく告げるといいでしょう。より有利な条件で仲介してくれる可能性も考えられるので、結果的に満足のいく形になるはずです。

不動産屋を選ぶ時は価格以外の面もしっかり考慮しなければなりません。インターネットで検索すると大手の会社を見つけることもできますが、できれば地域密着型で評判の良い会社を選んだ方が安心です。地域密着型の会社なら良くても悪くても評判が耳に入ってくるでしょう。実績があって長い間地域密着の不動産屋として地元で愛されている会社は、所有者のために精一杯尽力してくれるでしょう。

マンションを売却する時は二つの方法があるので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。マンションに限らず一戸建て住宅等の不動産物件は、仲介業者を通して売却する方法と直接買取してもらう方法があります。仲介の場合は買主が見つかるまで売却が成立しませんが、買取なら業者が買うため買主が見つかるまで待たなくても良いのです。マンションを売却したいけど転勤等であまり時間がないという方や、住宅ローンの返済に困っていて今すぐ現金に換えたいという方には買取の方が有利になるでしょう。買取ってもらった後に販売活動を行うため、自分の家がインターネットの物件サイトに載ることもなく安心です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>