マンションと一戸建ての資産価値の違い

資産のことを考えて、今まで住んでいたマンションの売却を考えている人がいるといわれています。それは、現在暮らしているマンション自体に価値はあるのですが、古くなった場合に売却できる値段が下がったり、もしくは古すぎて買い手がつかないということにならないようにという、考えからだといわれています。

そのため買い手があるうちにマンション売却して、一戸建てなどの土地がある物件に住み替える人もいるといわれているのです。その一戸建ても、家自体が新しければ当然価値があるものなのですが、その家に長年暮らしていたりすると、老朽化して売却をすることが難しくなってきます。ですが、土地に魅力があれば家を解体してその土地を売却することが可能となるものもあるので、その魅力のある土地付きの家を購入を考えている人が少なからずいる、といわれているのです。

その魅力のある土地付きの家を購入するためにマンション売却をするわけですが、次の物件の頭金の足しにしたいということでできるだけ高くマンション売却をしたい、と考えている人は多いといわれています。

ですが、不動産知識のない素人が自分の思い通りの価格でマンション売却ができる可能性は少なく、失敗してしまうことが多いといわれていて、その失敗するリスクを解消するためには実績のある不動産にマンション売却の仲介をお願いすることが良いとされています。そこで、注意をしておくことが良いという点は、マンション売却と一戸建てを購入の依頼をする業者は、実力のある不動産会社がよいとされているのです。

それは、マンション売却の経験が豊かでしっかりとして販売戦略を持った業者であり、一戸建てなどの資産価値を理解している業者であるということです。それは一戸建てを買ったはよいが、売却するときになって土地に魅力がないとなると値下げすることも考えられるので、そうなってしまうと損してしまう可能性も出てくるからです。そうならないためにも、各不動産物件の短所と長所を理解している不動産会社に、仲介などを依頼することが理想的だといわれているのです。

マンション売却のコツ・相場を知る!査定に出す前のチェックポイント

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>